*・゜゚・*:.。..。.:*・’(ポケモン考察waki)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

اتمني يومك يكون عظيم! اشكراً لانك جميل!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】【大会優勝PT】月帝胡蝶乱舞 ~Lunatic ✝ Emperor~

赤「やっちまうか?(優勝)」
黒「やっちゃいますか!?」
青「やっちゃいましょうよ!」
黒「 其 の 為 の ク レ セ」
青「おー、マジで」
黒「ク レ セ」
赤「エンペルトォ・・・」
黒「あとその為のガッサ?」
青「ガッサ?胞子の為にあるでしょ」
黒「金、暴力、SEX!金・暴力・SEXって感じで・・・」

KBSトリオ

というわけで、10/4(金)に開催されたしゅふぁさんのアプリのローテ大会に参加し見事優勝することができました。

決勝BV:88-74442-74256

また、翌日10/5(土)に開催されたにとりさん主催のチーム戦にも同じ構築で出ました。チーム其ノ為ノ、拳では大将のSEXを担当しました。結果は予選抜けはしましたが決勝リーグであと一歩及ばず敗退でした。一緒に組んでくださった金さんと暴力さんはありがとうございました。

では簡単に今回の構築を作るに至った経緯について簡単に説明したいと思います。

ナッシー入りの構築からいったん離れて何かいいアイディアが無いかなーと色んな人のブログを散策していたところ、某バンギさんの記事にあった珠エンペルトが面白いと思ったのでそれをベースに自分なりに補完を考えて構築を作ってみようと考えました。

エンペルトは優秀な耐性に加え、水技氷技草技+めざパといった高範囲の技を持つ事ができC111族という高水準な火力を有します。しかしながら素早さは微妙(60族)なので行動回数を保障する為にトリックルームから動かす事を考え、トリル始動要員として種族値が高くエンペルトの弱点である地面、格闘に対する耐性を持つクレセリアを採用しました。

これで軸となる二匹が決まり残りの4枠にはトリパ、ココドラ、雨パやバンドリ対策にキノガッサ。

砂パやカイリューなどを見る事ができ〆のアタッカーとして場を制圧できスカーフキッスやスカーフカイリキーを上から叩けるスカーフガブリアス。

ここまで4体で処理がきつくなってしまったモロバレルやナットレイ、ハッサム(ハッサムは耐性的にエンペで打ち勝てるがクレセエンペと並べた際に不安要素が残る)を潰し、エンペで削った相手を一層したりクレセ等の面倒な耐久ポケに積み技で圧力をかけるウルガモスを採用。ウルガモスの枠は眼鏡シャンデラやファイヤーなど色々模索していましたがウルガモスが一番しっくりくるなと思いました。実際にウルガモスが活躍して勝った試合も多かったのでこの選択で正解だったように感じます。

あとめんどくさそうだったのが相手の霊獣ボルトロスやサンダーでこいつらはクレセエンペの並びに対して颯爽と10万ボルトを打ってきます。できるだけ多くの相手に初手クレセエンペ+何かの並びで入る事を意識して組んだのでこれらへの回答としてクレセリアの光の壁によりエンペルトが10万ボルトを耐えれるようにすることで誤魔化そうとしていましたが実際のところバンギラス等と並べられた時にバンギからも殴られるわエンペは上から10万で潰されるわで弱かったのでサンダーや霊獣ボルトを上から殴れる駒として最初はライコウを考えていました。これにより相手の電気技にある程度の耐性を持ちながら殴れるしついでに化身トルネにも圧力をかける事ができます。しかし、ライコウもそれほど火力のある駒ではないのでバンギラス等にあまり負担をかけれなかったり霊獣ボルトに対してはめざ氷を合わせる必要があり他のポケモンに合わされると火力が足りずどんどん蓄積していく印象があったのでライコウの枠を眼鏡ラティオスにして殴る事で解決する事にしました。眼鏡流星群で相手の霊獣ボルトは基本的に死にますしサンダーもS振ってる個体なら多分落とせます(少し怪しい)あとは前衛で出てくるカイリューににらみをきかせたり普通にスカーフカイリキーを上から殴ったり。エンペと並べた際に両者に等倍以上で入るのが型破り地震以外無いのも優秀です。削りとしての竜波は勿論優秀で連打できる鋼以外に等倍を取れる打点はやはり強いと感じました。更にクレセリアの雨乞いからの眼鏡波乗りも十分に勝ち筋として成立しうると思います。トリックは相手のクレセ等に刺して機能停止させることができます。

これで一応メンツの採用理由については簡単に解説したので次はこの構築の詳細について。


クレセリアオボンの実穏やか 227(252)-x-161(164)-95-178(92)-105
クレセリア浮遊サイコキネシス雨乞いトリックルームリフレクター
H-B A204カイリューの竜舞ジュエル逆鱗最高乱数以外耐え、A204バンギラスの鉄球投げつける耐え、意地鉢巻ガブの逆鱗をオボン込みでぼちぼち2耐えする・・・etc(前2つはB160でも受けるダメージ変わらないからCDS伸ばすためにB160の調整にした方がいいと思う)
H-D C161珠キングドラの雨ドロポンオボン込み高確率2耐え
エンペルト命の珠冷静 191(252)-x-109(4)-179(252)-121-58 ※最遅個体
エンペルト激流波乗り冷凍ビーム草結び身代わり
珠波乗りでH振りヒードラン確1
1.5倍珠波乗りで無振りガブリアスが13/16
珠冷凍ビームでD無振りボルトロスに166~198
珠草結びでD126ブルンゲルに140~166
身代わりを入れる構成にする場合身代わりが意地ガブのドラゴンクローを14/16で耐え、なおかつ珠ダメを最小化できる189(236)-x-112(28)-178(244)-121-58みたいな数値にした方がいいと思う。
キノガッサ気合いの襷意地っ張り 135-200(252)-101(4)-x-80-122(252)
キノガッサ
テクニシャンキノコの胞子タネマシンガンマッハパンチ剣の舞
特に解説するところもないTDN襷ガッサ
意地っ張りAぶっぱしてあれば他の部分の配分は正直どうでもいい
ラティオス拘り眼鏡臆病 155-x-101(4)-182(252)-130-178(252)
ラティオス
浮遊流星群竜の波動トリック波乗り
特に特筆すべき点もない眼鏡ラティ。
スカガブのドラクロを誘ってエンペで身代わり。
ウルガモスラムの実or光の粉臆病 191(244)-x-85-155-134(68)-159(196)
ウルガモス炎の体火炎放射虫のさざめき蝶の舞羽休め
HP16n-1
H-B A200ガブの逆鱗耐え
H-D C182ラティの眼鏡流星耐え
最速霊獣ランドロス抜き抜き
炎の体で火傷させるから強い(確信)
ガブリアス拘りスカーフ意地っ張り 183-200(252)-115-x-106(4)-154(252)
ガブリアス鮫肌逆鱗ダブルチョップドラゴンクロー地震
✝王道を征く✝スカーフガブリアス
だいたいドラゴンクローばっか打って相手削ってる


ウルガモスの持ち物はAPCローテ部門の時はラムの実でチーム戦の時は光の粉を持たせていました。

ラムの実を持たせるメリットは相手のモロバレルの胞子や化身ボルトの電磁波などに対応できるようになる点とヌケニン入りに対して安心して動かせる点です。

光の粉を持たせるメリットはどんな局面でも避けるワンチャンを作りだせる(対スカーフキッスで蝶舞できる確率が上がる)点や、積みポケの宿命である急所被弾のリスクをわずかながら下げる事が出来る点です。蝶舞と羽休めで粘っていくのが主なこいつの立ち回りになるのでどんな相手に対しても腐らない光の粉は非常に噛み合ってるように思いました。

~エンペルトの身代わりについて

先程も述べた通りエンペルトは非常に優秀な耐性を持ちます。そのため半減相手の前で身代わりを貼る事によってその後無償で動けるというメリットがあります。更に身代わりによってHP調整する事によって激流発動圏内にHPを持っていく立ち回りも可能になるので便利な技だと思いました。

某バンギさんの記事ではめざ炎を採用していましたがナット入りにはウルガモスで処理することを意識していたのでめざ炎は不要だと判断しました。ハッサムは1.5倍珠波乗りで普通に飛ぶので・。・

あとはめざ炎個体だとSを59までしか下げる事ができず最遅バンギラスと同速になってしまうのでトリル下で上を取れる保障がない点が信用不可能だと思ったのもあります。鉄球バンギだとどっちにしろトリル下で先制取られるけど今そんなに鉄球バンギはいないだろうという判断と、いたとしても格闘技合わせられない限りは怖くないと思ったので相手の襷バンギに対して確実にトリル下で先制を取る事を意識しました。

~クレセリアの構成について

リフレクターを採用した理由はバンギ入りに対してクレセエンペでの選出をしやすくするためです。サイキネは雨珠波乗りで落ちるか怪しいローブシンやサンダーを削るのに使います。雨乞いトリルはエンペと組ませる上で必須だと思いました。

雨乞いには天候を砂から書きかえる事によりガッサの襷を守る他に、蝶舞を積むウルガモスに対して殴ってくるヒードランの炎技の威力を下げるという副産物もあります。実際にAPCの決勝でも雨乞いで相手の眼鏡ヒードランの大文字の火力を下げたおかげで相手をウルガモスで凌ぎ切れたというのもあるので・。・

~構築総評

この構築に入るポケモンの攻撃技はガブのダブチョとラティの流星群以外全て命中100%の技で構成されているので基本的に糞外しのストレス無く戦う事が出来ると思います。

ローテにおける自分の好きな要素であるトリル+一貫性の高いアタッカーでの〆や壁+積みの形を無理なく構築内に組み込むことができたので非常に満足のいく仕上がりとなりました。

この構築できつい相手は終盤にでてくるカイリューがきついのと多分ココロモリ入りには勝てないだろうとおもうのでその点は追々改善していきたいと思います。

~選出について

この構築に対してはこれ!って言い切るのはアレなんでAPCとチーム戦の時の選出理由と簡単な対戦ログを書いておこうと思います。

APCローテ部門

1戦目 なつぽんさん
バンギラスドリュウズウルガモストゲキッス水ロトムヌケニン

自分の選出
キノガッサウルガモスガブリアス 控えエンペルト

相手の選出
トゲキッスドリュウズヌケニン 控えバンギラス

唯一クレセエンペ選出をしなかった試合。ヌケニン入りでなおかつバンドリでウルガ入りとなるとクレセを出す余裕は無いので4体殴るやつを用意して柔軟に対応していく事に。

バンドリに強くヌケニンも胞子で眠らせて一瞬誤魔化せるガッサとヌケニンに打点を持て、蝶舞する事でキッスを上から叩けるウルガモス、キッスを上から殴れてワンチャン影打ちやシザクロに合わせてヌケニンを処理する事ができバンギに強めなガブを確定選出として裏はキッスのエアスラに対して複数回動けるエンペルトにしました。

試合としては後半にキッスとヌケニンが並んでる択に対して上手くキッスをガブで処理していき勝ちました。


2戦目 tofuさん
バンギラスガブリアスラティオスヒードラン霊獣ボルトロススイクン

自分の選出
クレセリアエンペルトラティオス 控えウルガモス

相手の選出
バンギラスラティオス霊獣ボルトロス 控えヒードラン

相手の全てのメンツに対してエンペルトが有効打を持てるので基本選出のクレセエンペ軸で行く事にしました。ラティは相手の霊獣ボルトロスの行動に圧力をかける為です。裏にはガン積みすれば全抜きしていけるウルガモスを選択。

試合としては序盤に相手のバンギラスをエンペの冷ビで凍らせるというズルをしてトリルを絡めた展開でエンペルトで殴って勝ちました。

準決勝 きゅんさん
バンギラスガブリアストゲキッスクレセリアナットレイカイリキー

自分の選出
クレセリアエンペルトガブリアス 控えウルガモス

相手の選出
バンギラスクレセリアトゲキッス 控えナットレイ

トゲキッスがいるのでカイリキーはトリルから動かす鉢巻でナットが鈍いか剣舞型かなーと予想した上で、とりあえずは相手にキッスがいるので上から殴るためにガブを添える形でクレセエンペ選出。この試合に関してはエンペにめざ炎があればなあと思いました。裏にはナットレイを焼き、蝶舞に一回成功すればキッスとのS関係を逆転できるウルガモスを選択しました。

結果としては相手のキッスに3連怯みを食らい窮地に立たされてからエアスラをウルガが避けた事により流れを掴みギリギリ勝利する事ができました。この時にウルガモスに光の粉を持たせようという発想が生まれました。

決勝戦 ぐやさん BV:88-74442-74256

ヒードランナットレイガブリアス霊獣ボルトロスローブシンクレセリア

自分の選出
クレセリアエンペルトラティオス 控えウルガモス

相手の選出
クレセリアガブリアスヒードラン 控え霊獣ボルトロス


基本選出のクレセエンペに加え霊獣ボルトロスに対応する為にラティオス、裏に粘って全抜きを狙うウルガモスを選択しました。この試合については言う事が多すぎて説明するのが面倒なのでBV見てもらえるとどういう意図だったか分かってもらえると思います(ここにきて手抜き)


にとりさんのチーム戦

予選1 しじみすとさん
サンダーガブリアスボスゴドララティオスローブシンブルンゲル

自分の選出
クレセリアエンペルトガブリアス 控えキノガッサ

相手の選出
サンダーボスゴドララティオス 控えガブリアス


エンペルトが相手のPTの全てのメンツに何らかの打点を持っているのでクレセエンペ軸でラティの行動を見た目で制限し、サンダーの10万に合わせてドラクロで削るためにガブリアス。裏には相手のブルンからのトリルの展開やボスゴドラに対応する為にキノガッサを置きました。

試合内容はボスゴの頑丈を警戒して適当に削った後に雨トリル展開してからエンペルトで押し切りました。

予選2 ペチさん

ヤミラミバンギラスローブシンクレセリア霊獣ボルトロスハッサム

自分の選出
クレセリアエンペルトラティオス 控えウルガモス

相手の選出
ヤミラミクレセリアローブシン 控えハッサム

ヤミラミは前に自分で使った事があるのであらかたの型の予想がついてるので上手くクレセに挑発が入れられないように立ち回る事を意識して立ち回るようにしました。霊獣ボルトがいる相手にはだいたい前衛にラティを置く感じで間違いは無いです。裏にウルガモスを置いてクレセやハッサムを処理できるようにしました。

対戦のほうはいざ蓋を開けてみると瞑想クレセでこれは素眠りに追いこんで眼鏡竜波急所待ちしかないと思ったのでその線で勝ちを拾いにいくことにしたら見事にクレセの急所にブチ当てる事に成功し後はウルガで一貫取って勝ちました。

予選3 ごえもんさん

ラティアスブルンゲルハッサムローブシン霊獣ボルトロスガブリアス

自分の選出

クレセリアエンペルトラティオス 控えウルガモス

相手の選出

霊獣ボルトロスローブシンハッサム 控えガブリアス

選出は今までの傾向見てもらえば分かると思いますが霊獣ボルト入りなので前衛にラティを置くクレセエンペ選出で裏にウルガで〆ていく形を意識しました。

対戦が始まってボルトローブハッサムと並んでいてこちらには電気を無効化できる駒がおらずラティはハッサムを合わせれば簡単に処理できる。そういう局面であれば基本眼鏡竜波は耐えるものと仮定して相手のボルトから回ってくると思ったので即決で流星群。それが見事に当たり残りの駒をエンペで殴って落としていきました。

こういった相手の並びを見た上で動いてくる相手を釣って上から高火力で叩く立ち回りについてはハンゾーさんの記事を参考にしました。こういった戦法は一戦きりの大会だからこそ通じる手段だと思います。ローテレートで連戦が無くなればいいんですけどね(ぼやき)

決勝リーグ うしくんさん

キュウコンクレセリアラティオス霊獣ランドロスナットレイブルンゲル

自分の選出

クレセリアエンペルトウルガモス 控えキノガッサ

相手の選出

ラティオス霊獣ランドロスナットレイ 控えクレセリア

ランドロスの岩技に気をつければウルガモスで舞ってしまえば全員倒せると思ったので基本のクレセエンペ軸での選出に前衛にウルガ。裏に相手のナットゲルをある程度見れるガッサを置きました。

試合のほうは目論見通り上手くウルガで蝶舞を積んであとはウルガで殴るだけで勝ちという場面を作って勝ちました。


色んなPT相手に対戦データが取れたのでこのPTでの選出パターンはだいたい分かっていただけたかと思います。

この構築に関しては自分が持てる情報全てを公開したつもりなのでクレセエンペ軸で構築を組みたい時は是非参考にしていただけると嬉しいです。

最後にAPCローテ部門を企画してくださったしゅふぁさん並び主催のLioさん、チーム戦主催のにとりさん並び一緒にチームを組んでくれた金(ゆき)さんと暴力(ぴげ)さん、対戦してくださった皆さんに感謝の念を伝えて今回の更新を終えようと思います。ありがとうございました。

長い更新内容となりましたが最後まで目を通してくださりありがとうございました。5世代最後にローテで結果を残せて嬉しかったです。

追記

この記事のタイトル変えました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。